So-net無料ブログ作成

頭ヶ島天主堂 [廃墟&近代化遺産]




かつて無人島だった頭ヶ島



赤い屋根が教会です.JPG


長崎県西松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島




今では橋が架かって便利になっていますが

明治初頭にキリシタン迫害から逃れて来た信者が

隠れ住んだ島でもあります。



カトリックのお墓です.JPG



島の住民は1軒を除き

すべてキリシタン信者だったらしく

墓地は十字架がたくさん建っています。




その海と墓地を見守るように

すこし高い場所に教会があります。

お邪魔します.JPG


「頭ヶ島天主堂」




長崎の教会群の中では珍しい石造りの教会です。

小さいですね.JPG


1917年(大正6年)に建てられ

設計は鉄川与助氏で

ユネスコ世界遺産暫定リストの入る教会のひとつとなっている。


石積みに感動.JPG



近くの石を切り出し

小さな教会ですがなんともいえない

重厚感を感じる教会です。


窓の上部のアーチの処理が良い.JPG



鉄川与助=煉瓦建築のイメージだけど

石を使ってもいい仕事してくれてますね。


特注でしょうか.JPG



窓枠のアーチや

細かい意匠も精密機械を使ったような

精巧な組合わせです。


鉄川氏の美のこだわり.JPG



裏へ回ると

シンプルな構造で

普通の民家っぽい外観になってました。


窓を潰した跡があります.JPG



屋根はここも日本瓦ですが

色が建物とすごくマッチしてて良い感じ。



海に向かって建っています.JPG



温暖な気候の五島列島ですが

夏は涼しく冬は温かそうな石造りって良いね。


最高の断熱材.JPG



さらに建物を回って山側へ行くと

ルルドがあります。


目立たないところにルルドがあります.JPG



普通は表側にあるのですが

この頭ヶ島天主堂のルルドは裏に隠れるようにありました。




と、ここでルルドを清掃していた方がいらしたので

中を撮らせてもらいます。


天井は低いけど広く見せる工夫がされています.JPG


単廊式で天井は平面になっていますが

外観以上に広く見える工夫がされているようです。


綺麗な彫刻.JPG


椿の花や淡い色彩をつかった彫刻が

とっても可愛いね。



真っ青な海を見つめるロマネスク調の

可愛い石の教会はココ



nice!(89)  コメント(25)  トラックバック(0) 

nice! 89

コメント 25

熊鹿夫婦

建物裏側の壁に窓を塞いだ跡があるのは何で何でしょね?造ったら光が入り過ぎたとか?造る前に予算を使いきったとか?
by 熊鹿夫婦 (2015-08-19 05:51) 

ぜふ

先日テレビに出ていたような・・
いかにもロケに使われそうな絵になる教会ですね。
by ぜふ (2015-08-19 06:49) 

luces

歴史を感じさせる外観に比べ内装はかわいらしいです。
ルルドの聖母が美しいですね。
by luces (2015-08-19 07:56) 

くまら

頭ヶ島天主堂の裏側の窓は
ポコって外れそうな感じですね
で・・・頭ヶ島って「ずがしま」で良いんですよね
「あたまがしま」じゃないですよね
by くまら (2015-08-19 10:53) 

てんてん

頭ヶ島天主堂に下りる道の途中から
右に下りると小さな漁港があります。
そこで釣った52cmが、
僕のチヌ(歳無し)の最大記録です( ̄‿ ̄;)フフフフフ・・・・・
by てんてん (2015-08-19 11:55) 

影風響

こんにちはです。
「天主堂」全国各地にありまして、特に辺境の地・弾圧された場所等に多く、時代背景が創造されますです。

 観光案内等で数多く紹介されている写真よりも、何か違うものがあり生で見てるーって感じの画像が良いですねーバッチグー。

又、お邪魔させてくださいねー。
by 影風響 (2015-08-19 12:43) 

さる1号

明治初頭にもキリシタン迫害があったんだ、知らなかった・・・
キリシタン信者じゃなかった一軒が気になるなぁ
by さる1号 (2015-08-19 12:47) 

かっぺ

キター。
煉瓦でも与助、石でも与助。
たまらんです。言葉いらねっす。
by かっぺ (2015-08-19 13:42) 

MINERVA

長崎と言えば、あの時代に西洋との繋がりを一番感じられる場所
だと認識しておりましたので、驚きです。
今の時代、何も事情を知らなければ、「歴史ある古い教会」としか
認識されないのでしょうね。
しっかりした造りの教会ですね、自分の無知さが恥かしいです....
by MINERVA (2015-08-19 14:28) 

リュカ

周りの景色に溶け込んでいて
とっても雰囲気の良い教会ですね。
ぬくもりを感じます。
by リュカ (2015-08-19 15:46) 

テリー

明治初頭に、キリスト教禁止というのを見て、ネットで調べてみたら、カトリック教会のローマ教皇庁が、1846年に司祭3人を派遣して、1858年に日本に入国が許され、布教を開始したが、明治政府が、1868年にキリスト教禁止を表明し、1873年に不平等条約改正のために。キリスト教を解禁したのですね。
この島に逃げた人たちは、江戸時代の禁教の時代に隠れキリシタンだったのか、それとも、新たに信徒になったのかは、よくわかりません。
いづれにしても、宗教の力は、偉大ですね。


by テリー (2015-08-19 16:15) 

miyomiyo

純な自分も魂が透明になってしまいそーな清らかな教会ですね。
徹底的なシンメトリーさも素晴らしいです。
にしてもルルドの周りの石の積み方が味わい深過ぎです。

by miyomiyo (2015-08-19 19:36) 

bonita

穢れた心も綺麗にしてくれそうな内装ですね~
もちろん概観の美しさは申し分ありません。
ひっそりと隠れるように建つルルドに時代の歴史を感じます。
by bonita (2015-08-20 09:26) 

きみえキミエ

石造りですかあ〜細かい所まで美しい。煉瓦だけでなく…鉄川氏凄い方なんですね。
外観からは想像も出来ないくらい、内装が可愛らしい!
by きみえキミエ (2015-08-20 16:18) 

OJJ

なんで長崎にだけこんなに教会が多いんやろ?と不思議に思います。
キリシタンの比率が多いのかな?神の腕の長さはここまでだった?
by OJJ (2015-08-21 11:18) 

そら

なんとも素敵な教会ですね~
ステンドグラスもかわいいし、
光の感じがやわらかい感じが
しますね。
by そら (2015-08-21 17:23) 

Chobi.H.YAOITA

素晴らしい建築ですね!
土地の人に必要とされている建物って
なにかこう、誠実さというか
なんともいえない良い雰囲気がありますね(^^)
by Chobi.H.YAOITA (2015-08-21 20:57) 

barbie

石造りの教会NICEです。
ルルドって表にあるものかな?
うちの学校にもありましたが裏手でした。
事故をした後にフランスのルルドの泉の水のご利益はすごかったです。
いつか日本最古のルルドに行ってみたいなぁと妄想旅行中(笑)
by barbie (2015-08-21 22:16) 

トライスター

素晴らしい!!
石造りの教会もかなり魅力的!!
by トライスター (2015-08-21 22:29) 

響

◆熊鹿夫婦さんへ
たぶん祭壇が逆光になるから窓を塞いだのかも。
出来た後に信者から窓を無くしてと注文が入ったのかな?


◆ぜふさんへ
世界遺産候補の教会ですので
これからメディアに出る機会が増えそうですよ。


◆lucesさんへ
内装の可愛さは鉄川氏の得意技です。
パステル調で明るく演出していますね。


◆くまらさんへ
裏の窓は後から埋めたのでしょう。
え~っと「かしらがじま」だったような気がします。


◆てんてんさんへ
良いサイズのチヌですね。
わたしはメイタサイズしか釣った事がないです。
水が綺麗なのでチヌの刺身は美味かったでしょう。


◆影風響さんへ
弾圧を逃れ西の端っこまで逃れてもなお弾圧を受けるという悲しい歴史です。
平戸藩が嫌いになります(笑)


◆さる1号さんへ
明治に入った直後の方が厳しかったという資料もあります。
カトリック信者の方が多いですが
こんな可愛い教会を建てた鉄川さんも仏教らしいです。


◆かっぺさんへ
たまらんでしょう?
五島にはたくさん教会があるけどまずはここが一番の本命でした。


◆MINERVAさんへ
長崎が開港する前は平戸で貿易がされていて
この地方に教会が多いのですがこれは外国人用で
基本的にキリスト教は禁止だったようです。
禁止令が解かれて一気に教会が建てられたので
明治の教会って多いです。


◆リュカさんへ
鉄川さんは現地で一番安く手に入る建材で教会を作るので
この頭ヶ島は切り出せる石が近くにあったのでしょうね。
島巡りをするときは是非ここは外さないでください。


◆テリーさんへ
明治の混迷時期の出来事ですね。
まだ明治になったとはいえ攘夷思考が強かったのでしょう。
たぶん長崎の島の信者は隠れキリシタンがほとんどだと思います。


◆miyomiyoさんへ
島の端っこの静かな海辺にありました。
鉄川ファンなのでここに来れて感動です。
by (2015-08-22 18:24) 

響

◆bonitaさんへ
長い歳月がたっても石積みなのでがっしりしたままです。
オオカミも壊せません。
ルルドで毎回わたしの腹黒は浄化されております。


◆きみえキミエさんへ
鉄川さんは仏教徒ですが仕事に対する姿勢はプロ以上です。
長崎の大浦天主堂横の司祭館を建てた神父の弟子なんです。
by (2015-08-22 18:27) 

響

◆OJJさんへ
やっぱり宣教師がいたからでしょうね。
貧しい暮らしから逃れるためカトリックに身を投じた人が多かったようです。


◆そらさんへ
シンプルはデザインのステンドグラスが大好きです。
鉄川氏が建てた教会はみんなシンプルですが
建てた場所の土地をイメージしたデザインになってるのも見逃せません。


◆Chob!.H.YAOITAさんへ
今でも信者に大事にされてるようで
埃ひとつかかっていませんでした。
見る時もなにか厳粛な感じになります。


◆barbieさんへ
最大のルルドってどこ?
本場の泉の水はやっぱり違うねぇ~。
中に入ると聖水が置いてるけど恐れ多くて触れませんでした。


◆トライスターさんへ
赤煉瓦も良いけど同格で石積も素晴らしいです。
小さいけどこの存在感は凄いよ。
by (2015-08-22 18:34) 

まつみママ

今日は~^
今回急遽 行く事に決定してしまった JTB 旅物語にての
 ” 西九州絶景名湯めぐり の旅 ” 無事 帰還致しました。
国内問わず海外も全て ももずさん夫婦のお誘い受けての旅ですし
一番 気心知れて落ち着くので 今では恒例となってます
ソネブロを通じて 隊長とも親しくさせて頂いてますし
何時も更新する内容で 今迄気が付かなかった 九州全域のの土地柄
その素晴らしさに すっかり魅了されてしまったので
国内旅行の候補の一番は 何はともかく 九州へ   と言う事になり
希望叶えて貰いました。
私達二人 だけでしたら 何としてでも連絡して お会いしたかったです 
何せツアーとなると 決まった時間帯で団体行動しないと 駄目ですし
第一 隊長のお仕事上 都合とか思うと とても無理は言えません
最後に 福岡空港にて 夕方飛び発ち東京に向かう機内で
何故か忘れ物したかの様に心落ち着かなく 寂しかったです
行こうと思えば距離的にも即 行けることだし いつか改めて伺いますね
先ずは ご報告迄 と 致します。


by まつみママ (2015-08-23 15:57) 

まつみママ

それから 一つ付け加えようと思ってました事言い忘れましたので
再度 訪問
と言うのは 一番気掛かりで 危ぶまれた 気象状況
これが何故か ホボ快晴の状況で 助かりました
不思議な事に 時々黒雲が現れたり 小雨模様だったりと
目まぐるしく 変化  にも拘らず 悪天候は走るバスの中
不思議な事に目的地に降り立つと すっかり晴れて ラッキー状態
なので これは全て 隊長の心優しき 念力のお蔭と 
ももずさん共々申しておりました
 お蔭様で有難う御座いました<(_ _)> (笑)

by まつみママ (2015-08-23 18:19) 

響

◆まつみママさんへ
ツアーはツアーの楽しみ方がありますもんね。
ぜったい喰いっぱぐれないし寝れるし飲めるし
満喫できていいでしょう。
もちろんお忍びでお越しの際はマイナースポット満載の
プランをご用意しますよ。
「歩き」があるので歩ける恰好で来てください。


◆まつみママさんへ
天気でしょう?
心配してたようですがわたしが九州にいる限り
お任せください。
その代わりわたしの休日は台風15号でした(泣)
家から出れずに暇で死ぬかとおもった(笑)
by (2015-08-27 02:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。